M.STYLE ミヤザキ食器

NEWSM.STYLE

2021.04.26【Collaboration M.STYLE Vol.3】– La rochelle – ラ・ロシェル南青山 川島 孝 シェフ× M.STYLE

【Collaboration M.STYLE】

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

M.STYLE のコンセプトである Transcending All Borders  <ボーダーを越えて> という軸のもと

M.STYLEオリジナル商品とプロの料理人とのコラボレーションが実現しました。

自身の料理表現を追求するプロフェッショナルな技にクローズアップしながら、

料理人によって引き出されるうつわの可能性と料理との関係性を紐解くことを試みます。

 

 

第3弾は ———

< ラ・ロシェル 南青山店 川島 孝シェフ – La Rochelle – >

 

南仏を思わせる落ち着きのある空間で楽しむ、和を感じるフレンチ

都心にいながらも非日常を感じる、ショート・トリップを

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

表参道駅から歩いて3分にある、坂井宏行氏がオーナーシェフを、川島孝氏が総料理長を務めるフレンチの名店【ラ・ロシェル南青山】。

南フランスの「ラ・ロシェル」という町の空気を随所に感じる店内で、シェフ自ら朝獲りしたハーブや野菜をふんだんに使った料理の数々をいただく時間は、まさに「日常からのショートトリップ」。

都会にいながらも、まるで旅先で美味しいものを心から堪能しているような、非日常を感じられるお店です。

 

※ラ・ロシェル(La Rochelle)はフランス、ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏、シャラント=マリティーム県のコミューン。生まれて初めてのフランス旅行で出会った「ラ・ロシェル」という町の美しさに魅せられたオーナーシェフの坂井氏。いつか店を持つ時は、店名を「ラ・ロシェル」にしようと心に決めていた。

 

 

 

 

気品と滋味あふれる料理で、ラ・ロシェルだけが叶える至福のレストランウェディング

レストランウェディングも行っているラ・ロシェル南青山店。

今まで見守ってくれた家族や、駆けつけてくれたゲストに今日という日を、心ゆくまで楽しんでほしい。

そんな思いを、プロフェッショナルとつくるオリジナルメニューで実現することができます。

都内のアクセスしやすい場所にありながらも、南仏を思わせるあたたかみのある空間と、野菜本来の味をハーブで引き立てたお料理、併設のチャペル「ル・アンジェ教会」で愛を誓ったカップルのブライダルパーティーにお似合いのレストランです。

 

オーナーシェフは大人気を博した料理対決番組「料理の鉄人」のフレンチの鉄人としても知られる坂井シェフ

 

— 坂井宏行シェフ – Hiroyuki Sakai———

 

1942年、鹿児島県生まれ。17歳でフランス料理の修業を始め、19歳で単身オーストラリアへ。帰国後、銀座「四季」など有名店で修業。80年、38歳で「ラ・ロシェル」をオープン。以来、日本のフランス料理の第一人者として活躍し続け、2005年、フランス共和国より農事功労章「シュヴァリエ」受勲。2009年、「現代の名工」受賞。「料理の鉄人」の「フレンチの鉄人」としても有名。現在は都内に2店、福岡に1店の「ラ・ロシェル」を構える。

————

 

プロジェクト始動

 

今回、選定と現場の調理を統括して頂くのは ラ・ロシェル南青山店 総料理長 川島孝シェフ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

— 川島 孝シェフ – Takashi Kawashima ——

1967年群馬県に生まれる。

1989年『ラ・ロシェル』 入社。

1999年『ラ・ロシェル南青山』オープンと同時に副料理長に就任。

2005年渡仏

『ローベルガード』(ピュイミロール)

『オー・キャトゥーズ・フェヴリエ』(ロアール)

『ジ・キッチン・ギャレール』(パリ)

2008年帰国後、『ラ・ロシェル渋谷本店』副料理長に就任。

2010年『ラ・ロシェル山王』料理長に就任。

2017年『ラ・ロシェル』総料理長に就任。

————

 

 

 

 

今回のコラボレーションキーワードは「料理とうつわのマリアージュ」

 

プロジェクトが始まり、M.STYLEのショールームでコラボアイテムの選定を行いました。

私たちが川島シェフへ提案したキーワードは「料理とうつわのマリアージュ」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

食材の鮮度や選定にこだわり、常にゲストに最高のパフォーマンスで応える川島シェフ。

プロフェッショナルの腕で創り上げられるフレンチと日本屈指の焼き物産地、九州有田の美しい土と技術力で生まれたアイテムとの、調和 (マリアージュ)に期待します。

 

今回はオーナーの坂井シェフに由縁のある、九州地方の旬な食材をふんだんに使用し、

コース仕立てでテーブルシーンをつくっていただけることになりました。

 

※マリアージュ

マリアージュ(mariage)とは、フランス語結婚を意味する語。マリアージュの語は、日本においては結婚の意味で用いられることは少なく多くは「料理料理との相性がよい場合」「料理ワインとの相性がよい場合」の表現の手段の1つとして用いられる。料理中でもとりわけフランス料理について用いられることが多い。

 

今回選定されたアイテムの紹介

 

・HYUMA/フューマ

独創的なデザインで唯一無二の存在感を放つ有田焼のフューマシリーズ。

雪や山脈などをモチーフに、プレートやボール、組み合わせて使えるスクエアボックスなど、他にはない斬新なアイテム展開です。HYUMAシリーズの洗練された白と、シャープなラインは有田でしか実現できない、職人の高い技術力と素材の良さによるものです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

・SKLO CLOCHE /スクロ クローシェ

柔らかな曲線が特徴的なフードドームシリーズ、クローシェ。

透明度の高いクリスタルガラス製で、かぶせた食材の彩りそのままに高級感ある一皿に仕上げてくれます。

 

 

・有月/ウヅキ

釉薬の表情が美しい26cmサイズの強化磁器プレートシリーズ。

こだわり抜かれた窯変の風合いと有田焼ならではのシャープな形状は、ジャンルを問わずあらゆるメニュー・シーンを彩ります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

・L’EAU SCINTILLE/ルサンテ

優しい色のグラデーションが春らしさを演出するシリーズです。

エッジの効いたレリーフは、盛った料理を華やかに演出します。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

 

 

 

 

キーワードをもとに試作を重ね、広がるコースのイメージ、そして本番へ

 

 

打ち合わせでコラボレーションのイメージを共有し、試作、そして本番へ

今回川島シェフがプランニングしたコースメニューです。

 

1.地卵のサバイヨングラタンとアミューズ

2.玄界難より天然真鯛の八女茶マリネ 川茸(スイゼンジノリ)のジュレ

3.佐賀県産ホワイトアスパラガスと月日貝のシャルロット仕立て

4.~筑前の麓(ふもと)~はかた地鶏のロースト ブールドミディ タイム香るジュレ

5.ふきのとうと桜

6.金柑(きんかん)とあまおう

 

それぞれのうつわの特徴を汲み取り、緻密に調理していく川島シェフ

 

 

食材、エディブルフラワーなどは今回のコラボレーションのためにシェフが早朝に自ら目利きし採取したものです。

 

季節のうつりかわり、そして調和(マリアージュ)を表現したコース料理をお楽しみください

 

 

 

 

 

…………………………………………………………………………………………………………

1.地卵のサバイヨングラタンとアミューズ

アミューズ6品×フューマ・蓋つきボックス

→まるでジュエリーボックスのよう。蓋をあけるワクワク感とテーブルでの広がりを演出。

 

使用アイテム:フューマ ボックス/プレート兼蓋

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿


〔上段〕ミグナルディーズ※1サレ/チーズクッキー/かぼちゃのフライ・ペースト/黒豚と鴨のリエットを入れて挟んだマカロン/野菜の※2グレッグ

〔下段〕ロシェルのスペシャリティ(=地卵のサバイヨンソース)/尾長鯛(おながだい)のアオサフライ

 

【キーポイント】

・マカロンはセージを触り、セージの香りを手に付けた状態で手に取り食する事で香りが鼻に抜ける。

・ロシェルのスペシャリティはエビのだし汁と山椒の葉を中に入れて味付け。

フランスになかなかない山椒を使用し、和のエッセンス(食材)を加えることでフランス料理に親しみを感じていただけるような工夫をしている。

・九州の魚介、尾長鯛(おながだい)を一口サイズにカットしてアオサ(海藻)フライにして。

・シェフが早朝に摘んできた珍しいルッコラの花を添えて。

 

※1 サレ=塩 という意味⇒塩味の効いたクッキー

※2 グレッグ=ビネガーと塩とオリーブオイルで漬けたもの。甘酸っぱい酢の物の様なもの。

 

 

【フューマ ボックスを使用してみての感想】

器の丈があるので、中に色々入れて取るよりは、蓋をして保温できるものにしようかなと思いました。

サイズは小さくても、食材が手前にきちんと浮き出てくる色合いなので、小さくてもかわいい。

 

 

 

 

 

…………………………………………………………………………………………………………

2.玄界難より天然真鯛の八女茶マリネ 川茸(スイゼンジノリ)のジュレ

 

魚料理・オードブル×フューマ・スクエアプレート

→九州の景色や空気を連想させる、ショートトリップを体現

 

使用アイテム:フューマ スクエアプレート

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

【キーポイント】

・九州-玄海灘天然の真鯛を使った一品。

・九州天草のクルマエビ、真鯛に福岡の八女茶のパウダーをつけて、苦みと抹茶の風味をプラス。

・添えられたコンソメゼリーの中には、淡水で育った福岡でしか取れない水前寺海苔が入っている。

・シェフが朝摘んできたお花を散らし、春のイメージを。

 

 

【フューマ スクエアプレートに盛ってみての感想】

山のフォルムをどう使うか最初は悩みましたが、食材を盛るとお皿の雰囲気が変わっておもしろい!

特にブルーの方は泡のような模様が印象的で、波紋や水のようなイメージが湧いてきて、そのような意味合いもよい。全体が自然の背景になるようなデザイン感がいいのかもしれないですね。

 

 

 

 

 

…………………………………………………………………………………………………………

3.佐賀県産ホワイトアスパラガスと月日貝のシャルロット仕立て

 

スープ× ボール・フードカバー

→アトラクティブな演出と温度や香り、五感で味わう繊細な一品。

 

使用アイテム:フューマボール瑞雪、スクロ クロ―シュ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

【キーポイント】

・ホワイトアスパラガスを使った一品。

・中に詰めているのは、九州の鹿児島で取れる月日貝。

・器自体は温かく、冷たい食材を中に入れて、注ぐスープは温かく。温度差を感じてもらう一品。

・テーブルにてお客様を前にゆっくりとクローシュを外し、煙が漏れ出して薫ったところで、

ゆっくりとポタージュを注ぐ、アトラクティブな演出。

 

【HYHMA /フューマボールに盛ってみての感想】

盛り付けを遊べるリム、スープが多く入る深さと重厚感ある上品なフォルムが良い、、!

金属質の上絵部分の酸化してゆく表情も味があって素敵です。

 

 

 

 

…………………………………………………………………………………………………………

4.~筑前の麓(ふもと)~はかた地鶏のロースト ブールドミディ タイム香るジュレ

 

肉料理×有月・プレート

→ローストされた地鶏や春野菜がマットなプレートの上で風景として浮き立つ、メインプレート

 

使用アイテム:有月プレート・ブラウン

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

・鶏むね肉をソテーし、※1チーマディラーパを素揚げ。

・博多地鶏のもも肉の部分をミンチにして菜の花を刻んで※2カイエットに。

・シェフが実際に素材を触り、音や温度で焼き加減を判断。

・むね肉の上には、※3ブールドミディを添える。

・九州の紅あずま(さつまいも)と、朝取りたけのこをソテーし、朝摘みローズマリーのムラサキの花を添える。

 

※1 九州で作られている少し苦みのあるイタリア野菜。焼くと甘みが出る春野菜。

※2 野菜を入れて作るひき肉の料理の事をカイエットという。

※3 ハーブを入れたバターの事

 

【有月/ウヅキプレートに盛ってみての感想】

風合いが良く、リムがないため全体的に盛れる事がいい点ですね。

薄月は完成のイメージがしやすかったですが、湖月の方は実際に使うことでイメージが見えてきました。

 

 

 

 

 

 

デザートは、猪又シェフパティシエが担当いたします。

…………………………………………………………………………………………………………

5.ふきのとうと桜

 

アヴァンデセール×フューマ・レクタンギュラ―プレート

→フレンチに和のエッセンスを感じる味わいと見た目、季節の訪れを感じる一品。

 

アイテム:レクタンギュラープレート山脈

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

【キーポイント】

・アヴァンデセール=デザート前の箸休め的なデザート。お口直し的な、甘さ控えめのものが多い。

・蕗の薹のアイス、いつも旬の食材を使う事を心掛けている。

・イメージは春で、ちょっとシャイなイメージ。

・仕上がりは少し和の雰囲気に。

 

 

【HYHMA/フューマ スクエアプレートに盛ってみての感想】

手前斜めから見ると山脈の凹凸が立体的に映えて良いですね。色合いも美しくまとまりました。

 

 

 

 

 

 

 

…………………………………………………………………………………………………………

6.金柑(きんかん)とあまおう

 

デザート×ルフラン・スクエアプレート

→フレンチと和モダンなプレートが出会うことで生まれた、華やかで美しい一品。

 

アイテム:ルサンテ スクエアプレート

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

【キーポイント】

・すべて九州のフルーツ。きんかん・イチゴは熊本産。

・黒糖焼酎(九州)を使ってゼリーに。また、キャラメルに黒糖を使用。

・最後のデザートはしっかりと甘みを感じるメニューに。

・飲み物は紅茶と共に、最後口の中をさっぱりと。

・流れやすいソースは使用せず、パウダーで彩りを添える。

 

 

【L’EAU SCINTILLE/ルサンテ スクエアプレートに盛ってみての感想】

「キレ」が良く料理が引き立ちやすいです。流れのある凹凸のフォルムとアシンメトリーな色彩のデザインは、

食材の色や盛り付けの配置によって一皿の見え方が変化するおもしろさがあります。

 

 

 

 

 

今回のコラボレーションを終えて

シェフ自らの目で選び抜かれた食材で創り上げられる美しい料理の数々と、緻密に計算されたコース構成。
知れば知るほど美味しく、驚きの詰まったシーンの数々は、まさに「料理とうつわのマリアージュ」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

 

 

今回プロジェクトのため撮影にご協力頂き、うつわが出来上がるまでのバックグラウンドにまでも想像を巡らせ、料理を作って頂いたラ・ロシェル南青山店 の 川島 孝シェフ、猪又シェフパティシエ、スタッフの皆様。
細やかな心配りと、ゲストを楽しませるために、手間を惜しまず真摯な姿勢で取り組む姿に心打たれました。

 

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

 

 

 

ラ・ロシェル南青山店は、心をほどく繊細で滋味溢れる料理。上質な時間。心地よい空間。
どこまでもお客様主体に時間が流れる。『幸せ』を『記憶』に変えるレストランです。

贅沢したい休日に、記念日、誕生日、結婚式、プロポーズ…様々な方の特別な日の場として選ばれるのは、まさにそのためでしょう。
その日を特別に変えてくれる唯一無二の空間へ、ぜひ皆様も訪れてみてはいかがでしょうか。


ラ・ロシェル南青山

〒107-0062 東京都港区南青山3-14-23
地下鉄表参道駅A4出口より徒歩3分

営業時間
ランチ  12:00~14:00 L.O.
ディナー 18:00~20:30 L.O.
定休日 毎週月曜・火曜日(祝日を除く)

公式HP:https://www.la-rochelle.co.jp/shop/aoyama/
TEL:03-3478-5645
FAX:03-3478-5927

…………………………………………………………………………………………………………
※メニュー内容は変更する可能性があります。
※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。
店舗のホームページにてご確認の上でご来店いただきますようお願いいたします。

2020.12.01独創的な形状でかつてない演出を PHASE ‐フェイズ‐

LA SORA SEED FOOD RELATION RESTAURANT -ラ・ソラシド フードリレーションレストラン-様のご協力により、M.STYLEのPHASEシリーズのCrema‐クレマ‐とFALL-フォール-と、自然派イタリアンとのコラボレーションが生まれました。

 

実際のLA SORA SEED FOOD RELATION RESTAURANT様の店舗内で撮影させて頂いた写真の数々は、店内に降りそそぐ美しい光のもと、特別感あふれるシーンと料理、自然から生まれたカタチをもとにしたPHASEシリーズの魅力に迫っています。

 

【PDF】Collaboraton M.STYLE_ラ・ソラシド様_PHASE

 

 

 

【Collaboration M.STYLE】
M.STYLE のコンセプトである Transcending All Borders <ボーダーを越えて>
という軸のもとM.STYLEオリジナル商品とプロの料理人とのコラボレーションが実現しました。自身の料理表現を追求するプロフェッショナルな技にクローズアップしながら、料理人によって引き出されるうつわの可能性と料理との関係性を紐解くことを試みます。

 

 

【LA SORA SEED FOOD RELATION RESTAURANT様 -ラ・ソラシド フードリレーションレストラン- × PHASE‐フェイズ‐ 】

LA SORA SEED FOOD RELATION RESTAURANT様とのコラボ―レションのプロジェクトストーリーを下記URLより配信しています。ぜひご覧ください。

 

【Instagram】 https://www.instagram.com/m.style_official/
【WEB】  http://mtsco.co.jp/news/?p=3773

2020.11.24【Collaboration M.STYLE / ラ・ソラシド フードリレーションレストラン – LA SORA SEED FOOD RELATION RESTAURANT – × PHASE-フェイズ-】

【Collaboration M.STYLE】

M.STYLE のコンセプトである Transcending All Borders  <ボーダーを越えて> という軸のもとM.STYLEオリジナル商品とプロの料理人とのコラボレーションが実現しました。自身の料理表現を追求するプロフェッショナルな技にクローズアップしながら、料理人によって引き出されるうつわの可能性と料理との関係性を紐解くことを試みます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

第2弾は ———

< ラ・ソラシド フードリレーションレストラン – LA SORA SEED FOOD RELATION RESTAURANT – >

(以下 ラ・ソラシド)

 

 

 

 

 

 

東京ソラマチ最上階にあるイタリアンレストランで、すぐ隣のスカイツリーをガラス張りの店内から一望しながら食事ができる贅沢さは格別!

「1富士2タワー3花火」を合言葉に、晴れた日には富士山、スカイツリーはもちろん東京タワー、夏には花火まで見ることができ、季節ごとに何度でも訪れたくなること請け合いです。

ランチは爽やかな光が差し込むとびきりの解放感とともに。ディナーはおさえた店内照明で光り輝くスカイツリーと夜景を一望しながら…。訪れる時間帯によって全く違う景色を楽しめます。

 

加えて注目したいのが店舗内装。

丹念な手仕事で作られたオーク材のデザイナーズチェア、印象的ながら空間の邪魔をしない照明、ボックス席を柔らかく区切るシースルーのカーテン…。

眺望と調和した内装は、調度品ひとつひとつをこだわり抜いて選ばれたものです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

 

 

 

 

 

さらに全国の生産者から直送される新鮮食材をいかした、素材そのものを味わう料理は心も体も喜びます。

全国から送られてくる食材を味わえば、まるで様々な場所へ旅をしているかのよう。

 

店名の「フードリレーションレストラン」では、直接繋がりあうことによって生産者を支援したいというプロデューサー奥田政行シェフの思いを表しています。

地元庄内を大切にする奥田シェフの、庄内に留まらず日本全国の農業の継続的な発展へむけた社会的な取り組みを実現したリストランテとして、ラ・ソラシド様はこのソラマチにオープンしました。

 

ラ・ソラシド様の料理は、食材、その向こうの生産者を大事にしているからこそ、より美味しく彩り豊かになるのです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿


— 奥田政行シェフ – Masayuki Okuda ———

1969年、山形県鶴岡市生まれ。

地元高校を卒業後、上京しイタリア料理・フランス料理・フランス菓子を修業。帰郷後に2つの店で料理長を務めた後、2000年に「アル・ケッチァーノ」(山形県鶴岡市)をオープン。

山形県庄内支庁「食の都庄内」親善大使に任命される。その他「テッラ・マードレ2006」の世界の料理人1000人に選出、農林水産省料理マスターズシルバー賞、スイス ダボス会議の料理責任監修を務めるなど日本国内のみならず、世界を舞台に山形県・庄内地方や全国の食材を広めるべく、多忙の日々を送っている。

————

 

 

 

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

食材と料理、ロケーション、内装、日の移り変わり。

そしてそれらと調和したテーブルウェア。すべての要素がプレミアム感あふれる非日常へといざないます。

ラ・ソラシド様ではすでに数多くのM.STYLEアイテムをお使いいただいております。

鎌倉、グランデビアンカ、エムスタイルジャポネ…多様なシリーズを織り交ぜながらも、白や爽やかな色合いのうつわを中心に料理を引き立てています。

 

< ラ・ソラシド フードリレーションレストラン – LA SORA SEED FOOD RELATION RESTAURANT – >

住所/〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2

東京スカイツリータウン・ソラマチ 31F

電話番号/03-5809-7284

営業時間/ランチ11:00~15:30(L.O.14:00)ディナー17:00~23:00(L.O.21:00)

定休日/年中無休
席数/40席(カウンター4席、ソファー8席、テーブル28席 ※ソーシャルディスタンスにより減少した数値となります。)

HP/http://www.kurkku.jp/lasoraseed/

 

※メニュー内容は変更する可能性があります。

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。

店舗のホームページにてご確認の上でご来店いただきますようお願いいたします。


 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクトの始まり、ラ・ソラシド様の店舗にお伺いし、私たちが提案するコラボアイテム候補の選定を行いました。

食材、料理、シチュエーション、ランチとディナーでの光の違い…お皿ひとつとっても、お客様をお迎えするリストランテとして、

様々な面を考えながらの選定です。

 

しかしながら、それぞれ個性あふれるプレートを前に、選定作業は難航しました。

想像力をかきたてられながらも、選定は次の機会まで持ち越しに。

 

空間・食材・料理・テーブルウェア、すべてに追求しこだわるラ・ソラシド様だからこそコラボアイテムの選定も時間をかけて行います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿


 

 

今回、選定と現場の調理を統括して頂くのはラ・ソラシド 様の鈴木洋一シェフ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿


 鈴木洋一シェフ – Yoichi Suzuki ——

1972年生まれ。北海道出身。

1990年ホテルアルファ・サッポロにてキャリアをスタート。その後、東京に修行場を移し、奥田政行氏と出会う。

フランスでの修行を経て帰国後、オテル・ドゥ・ミクニ本店等にて勤務。いくつかのレストランにて料理長を勤めた 後に、2011年にオール・ケッチァーノグループに入社。現在は、東京スカイツリータウン・ソラマチ内のレストランLA SORA SEED food relation restaurant にて料理長を務める。

————

 

 

 

 

 

そしてお店の要、大山明人支配人

三重県アクアイグニスのサーラ ビアンキ アル・ケッチァーノ、山形県のアル・ケッチァーノ本店、そしてラ・ソラシドというオール・ケッチァーノグループを極めたサービスマンです。

 

 

 

 

 

撮影当日、セレクトした数種類のシリーズ毎の特徴、シリーズ名や合わせる旬の食材に注目し、シェフは一皿毎にストーリーを込めていきます。

実際に料理を盛ってみることで見えてくる、新たなM.STYLEアイテムの豊かな表情。

シェフのチャレンジ精神と尽きぬ探求心で、コラボアイテムの選定は料理を実際に盛ってみてから決定することに。

続々と生まれてくる料理とうつわのコラボレーションのすべてにワクワクするばかりですが、今回コラボアイテムに選ばれたのは<PHASE フェイズ>シリーズ。

自然に生まれたカタチをそのまま切り取った、特徴的でありながら料理の邪魔をしないM.STYLEの自信作。

そんな<PHASE フェイズ>にはふたつの形状があります。

柔らかなクリームが塗られたさまの表情が美しい<Crema クレマ>と、ピンと張った布の上に重しを置いたような表情が想像力をかきたてられる<FALL フォール>。

今回、ラ・ソラシド様の魅力を最大限にお届けするために、朝と夜の2回にわたって撮影を行うことで全く異なるシーンが生まれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の撮影では店内に差し込む柔らかな光を受けながら、この日のためのような爽やかな晴天の光の中、

空間・食材・料理・テーブルウェアが優しく調和していきます。

夜はしぼられた店内照明で、都会の中心なのに喧騒から離れた非日常空間でドラマティックな大人のシーンに。

唯一無二のスカイツリーを臨むこの空間で、季節の食材が生み出す料理と<PHASE フェイズ>。

シェフが考えたストーリーを、プレートを舞台として、光と影の演出のもとプレートの上の演者である食材たちが引き立てます。

モダンで独創的なプレートにはラ・ソラシド様の食材を活かし生産者の思いまでを感じさせる料理が盛りつけられます。

季節の葉ものや実もの、エディブルフラワーなどはシェフ自ら契約農家とコミュニケーションを取りながら、今回のコラボレーションのために山から集めてもらったものです。

 

 

 

 

アンティパスト 2

<PHASEシリーズ Crema クレマ> 朝 MW / WH  夜 LB / MW

〇静岡県産「くぬぎ鱒」のルイベ〜オレンジとフェンネルのサラダ仕立て〜

柔らかな光を受けたクリームの表情が、富士山麓の清く豊富な水でのびのびと育ったくぬぎ鱒と、みずみずしく鮮やかなオレンジでまるで一枚の絵画のような一皿に仕上がりました。

食卓では馴染みの少ないものの、香り豊かでハーブやスパイスとして使われるフェンネルが散らされ、より香り高く、見目鮮やかになっています。

夜は絞られた照明の中、キラキラと輝くプレートが料理を彩ります。大切な人と、大切な時間をこんなふうに過ごせたら…想像するだけでロマンチックなシーンが出来上がりました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

 

 

 

<PHASEシリーズ Crema クレマ> 朝 MW / MB

〇岩手県の地鶏「南部かしわ 銀雪」のグリルと岩手県のとうもろこしとハチミツ

多くの時間とのびのびとした環境で育てられた岩手県産地鶏<南部かしわ>のグリルと、生と茹でられたとうもろこしを散らした一皿。上品な香りと味のアカシアハチミツを添えて。

<Crema  クレマ>の鉄黒のともすれば立体感を失ってしまう深い色が、全面の窓から入り込む朝の光の反射によってカタチを失わずに浮かび上がりました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿

 

 

 

 

プリモ・ピアット

<PHASEシリーズ FALL フォール> 朝 WH  夜 MB

〇いろんなキノコと福島県の地鶏「川俣シャモ」のトマトソースパスタ〜ボスカイオーラ風パスタの再構築〜

<きこり風>の意味を持つボスカイオーラ。まるで森の中にそのまま迷い込んだような一皿。

普段ならひとつのパスタとしてすべての食材が合わさった状態で出されていますが、「再構築」と題して素材を合わせる前の状態を器の上で見せた、鈴木シェフのチャレンジングな一皿。

<FALL フォール>のカタチの面白さを活かし、プレートのくぼみに合わせてパスタを盛り付け、まわりで遊ぶキノコたちと朝の光で楽しげな印象に。

夜に使用された鉄黒は、シャインホワイトとは全くことなる空気感を放ち、シェフが「ボスカイオーラ 再構築」と名付けたチャレンジを印象的に際立たせます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿


 

 

 

<PHASE フェイズ>シリーズ以外にも今回の撮影で鈴木シェフの手から生み出されたシーンたち。

M.STYLEのうつわのシリーズ名に着目し、自ら生産者と対話しながら調達した食材を絡めながら、たくさんのストーリーが生まれました。

 

下記 写真1枚目 <有月 うづき>シリーズ

〇宮城県産ブランド牛「蔵王牛フィレ肉」の「岩塩包み焼き」〜牧之原の自然薯と舞茸を合わせて〜

大胆な2皿使いで盛られてインパクトのある一品に。

 

下記 写真2枚目 <有月 うづき>シリーズ

〇鹿児島県産「黒毛和牛 リブロース」のロースト〜紅茶を加えた人参ピューレと焦がしネギ塩パン粉で〜

鮮やかな青が印象的なプレートには、ソースで描かれた遊び心たっぷりの「ひねくれた人参」。

 

下記 写真3枚目 <LUXE リュークス>

〇新鮮なお魚の冷たいカッペリーニ〜宮崎県で育てた、奥田シェフのオーダーメイドキャビアと共に〜

色が変わるネオジウムガラスの淡いブルーの輝きを海の中に見立てて。

 

下記 写真4枚目 <POLKA ポルカ>シリーズ ブリッジプレート

〇静岡県内浦湾産のカンパチを3つの仕立てで〜生のカンパチと月の雫の塩・酢締めにして庄内産の「もってのほか」と三浦さんの「トマト豆腐」と・カマのローストをオレンジの香りがするオリーブオイルで〜

 

下記 写真5枚目 <MAREE マレ>シリーズ

〇庄内 羽黒「丸山さんの仔羊」のローストとレタスで巻いて焼いたチーズ

1枚1枚の模様が違う<MAREE>シリーズ。添えられた花は、羊をイメージしています。

 

 

それぞれのルーツに思いを馳せたストーリーを知れば、料理の味わいはより増します。

知れば知るほどより美味しく、美しく、楽しいシーンの数々に、撮影しながらも心奪われるひとときとなりました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿


 

 

 

 

 

 

 

今回プロジェクトのため朝早くから夜遅くまで撮影にご協力頂き、

食材、うつわの作り手の思いにまで想像力を働かせながら料理を作って頂いたラ・ソラシド の鈴木シェフ、大山支配人、スタッフの皆様。

一流とはまさにこの事、と思える洗練されたおもてなしで料理、眺望、サービス、すべてを味わい尽くせるリストランテです。

贅沢したい休日に、誕生日、結婚記念日、プロポーズ…様々な方の特別な日の場として選ばれるのは、まさにそのためでしょう。

この美しい食空間にM.STYLEのテーブルウェアを使って頂けることは私たちにとって大きな喜びです。

たとえ特別じゃなくとも、その日を特別に変えてくれる唯一無二の空間へ、ぜひ皆様も訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.STYLE(@m.style_official)がシェアした投稿


< ラ・ソラシド フードリレーションレストラン – LA SORA SEED FOOD RELATION RESTAURANT – >
住所/〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ 31F

電話番号/03-5809-7284

営業時間/ランチ11:00~15:30(L.O.14:00)ディナー17:00~23:00(L.O.21:00)

定休日/年中無休
席数/40席(カウンター4席、ソファー8席、テーブル28席 ※ソーシャルディスタンスにより減少した数値となります。)

HP/http://www.kurkku.jp/lasoraseed/

 

※メニュー内容は変更する可能性があります。

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。

店舗のホームページにてご確認の上でご来店いただきますようお願いいたします。

2020.09.07アクリルお重・松花堂でハイエンドなシーンを彩る

szechwan restaurant 陳 渋谷店 様のご協力により生まれたテーブルシーンとともにアクリルお重・松花堂をご紹介いたします。

ハイエンドな四川料理とアクリルお重・松花堂との出合いによって新たな魅力が見えてきたアクリルお重・松花堂は、本格的なプロユースにぴったりです。

仕切りを活かして小皿に食材を盛ればをより彩り豊かに、段ごとに食材のテーマを変えればストーリー性も生まれます。

驚きと喜びをお客様にお届けできるアクリルお重・松花堂によって、中華をはじめ、和・洋…あらゆるシーンが華やぎます。

 

【PDF】アクリルお重・松花堂でハイエンドなシーンを彩る

 

 

【Collaboration M.STYLE】
M.STYLE のコンセプトである Transcending All Borders <ボーダーを越えて>
という軸のもとM.STYLEオリジナル商品とプロの料理人とのコラボレーションが実現しました。自身の料理表現を追求するプロフェッショナルな技にクローズアップしながら、料理人によって引き出されるうつわの可能性と料理との関係性を紐解くことを試みます。

 

【szechwan restaurant 陳 渋谷店 井上和豊シェフ×アクリルお重・松花堂】
szechwan restaurant 陳 渋谷店 井上和豊シェフご協力によりM.STYLEのオリジナル商品であるアクリルお重・松花堂と四川料理とが出合いました。井上シェフの仕事とszechwan restaurant 陳 渋谷店 様にクローズアップしながら料理や盛り付けによって生まれたシーンや、うつわと料理の新しい魅力を引き出す匠の技は必見です。